建売住宅購入は土地をとるか住宅を取るかで大きく悩む

建売住宅を購入する場合は、立地条件を第一に購入する人が多い傾向がありますね。まあそれもそのはず、既に建っている住宅が売られているのですから。そして、立地条件の良いところの建売住宅を購入しようとする場合、住宅自体においては妥協せざるを得ないこともあったりと…。

やはり、立地条件の良いところに建つ建売住宅となりますと、販売価格のそのほとんどが「土地代」というところがありますからね。そしてまた、建売住宅の販売価格にしましても「高過ぎると売れない」という。

そういう事情で、極力住宅にかける費用を抑えられている建売住宅も多いですから、ですからこそ住宅自体が悪く言えば「チープな感じ」になってしまうこともあるのですよね。けれども高すぎるとやっぱりマイホームは買えないものです。

ですから手を出しやすい価格にて販売しないとならないわけです。だからこそ、住宅にかかる費用を抑えられているのはわかるのですが、しかし住宅に対する憧れも捨て切れなかったりしますからね。建売住宅を販売する会社も悩みどころでしょうけれど、購入する側にとっても土地をとるか住宅を取るかは、大きな悩みどころです。

 

<PR>女性の人生|オーディオ|心の童話|お小遣いNET|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|家計見直しクラブ|GetMoney|住宅リフォーム総合情報|生命保険の選び方|アフィリエイト相互リンク|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|工務店向け集客ノウハウ|内職 アルバイト|